通夜

通夜とはお釈迦さまが入滅された時、その死を悲しむ弟子たちが、お釈迦さまを 偲んでその教えを夜を通して語り合ったことに由来しています。まさに夜を通して、た だただ悲しむだけでなく、亡くなった人の思い出やその人に対する思い、その人から教 わったこと、影響を受けたことなど、自分の人生の中でのいろいろな関わりを整理し、自分のこころの中にきざむための、大切な時間なのです。

(1)通夜の式次第

  1. 僧侶入場 ・・・・・・・・・着席し、全員合掌礼拝して僧侶を迎えます。
  2. 開式の言葉 ・・・・・・・司会者より通夜式開式を宣します。
  3. 読 経 ・・・・・・・・・・・・僧侶の読経を拝聴します。
  4. まわし焼香 ・・・・・・・・前列の方から焼香箱がまわります。
  5. 僧侶法話 ・・・・・・・・・読経のあと法話をいただきます。
  6. 僧侶退場 ・・・・・・・・・読経終了、合掌礼拝して僧侶を見送ります。
  7. 葬儀委員長挨拶 ・・・喪主又は代行者が挨拶することもあります。
  8. 閉式の言葉 ・・・・・・・司会者より、通夜式閉式を宣します。

この後、一般会葬者の方々が、御霊前に最後の焼香して 随時ごひきとりをして頂きます。またこの時に祭壇前にて集合写真の撮影をすることがあります。

(2)通夜ぶるまい

一般会葬者の方々が退席後 ご親戚、葬儀役員の方々と共に、通夜ぶるまいの席が用意されます。費用のかけかたは地域や風習により異なりますが、札幌市の場合一般的にはオードブル・お寿司・おにぎり・炊出し・おつまみ・お酒類やジュースなどの料理や飲み物を用意します。(当社ですべて手配いたします)

(3)夜伽(よとぎ)

夜とぎとはごく親しいお身内などで、故人をお守りし、夜通し親族が交代でローソクやお線香の番をする事を意味します。

通夜終了後の喪主・施主の作業

(1) 遺族、親族の宿泊者の人数

  • 泊まられる方の寝具と朝食をご用意させて頂きます。

(2) 火葬場、および式場に残る親族・役員の人数

  • 霊柩車バスの乗車定員の確認と昼食の数の決定
  • 式場に残る役員 又は留守番の方の昼食の手配

(3) 忌中引きの人数

  • 遺族・親族・役員の忌引き料理(お膳)の数
  • 僧侶の会食の有無とその数
  • 引き出物の数
  • 集合写真をお渡しする方の数と焼き増し数

(4) 遺族・親族の焼香順序

  • 各界代表 (故人、長男、他関係のある人)
  • 名前を呼ばない一般会葬者 (前列の人より随時)
  • 最後に葬儀委員長
  • 喪主と家族だけ名前を呼んであとは 前列から随時という場合もあります。

(5) 弔辞・弔電の整理と確認

  • 本文を読むのは3通~5通位
  • 以下、ご芳名だけ読むのが50通位(時間の都合上)あとは奉奠のみ
  • 弔辞を読む方の有無とその方の肩書きとお名前の確認
  • 明朝葬儀式の前に 司会者と最終の打ち合わせをしましょう

葬 儀 ・ 告 別 式 

葬儀とは故人の冥福を祈り、成仏することを願って遺族や近親者が営む儀式です。
仏教においても、故人が仏道を修めるために、仏弟子として戒律を授けられる授戒の儀式のため、大切な儀式の一つとなっています。
浄土に導く引導を渡すための儀式でもあるため、各宗派によってどこに重きを置いているかも違います。

告別式とは故人の友人や知人が故人と最後のお別れをする儀式です。
本来は葬儀に続いて会葬者全員で、遺骨を墓地に埋葬する前に行う儀式でしたが、最近では、一般の会葬者全員が火葬場まで行くことがなくなったために、会葬者の焼香を中心に行われるようになりました。

このように葬儀と告別式はまったく違った意味を持つ儀式のため葬儀が終わると僧侶はいったん控え室に戻り、あらためて入堂して告別式を行うのが正式の形です。
しかし現在では 葬儀と告別式を一つの儀式の流れとして同時に行うようになりました。

葬儀および告別式の式次第

  • 僧侶入場 ・・・・・・・・・着席し、全員合掌礼拝して僧侶を迎えます。
  • 開式の言葉 ・・・・・・・司会者より葬儀式開式を宣します。
  • 弔辞・弔電拝読 ・・・・弔辞を述べる人は壇上に進み弔辞を奉読します。
    司会者より、弔電を数通奉読します。
  • (電文の内容を数通紹介し、以下氏名のみの場合もあります)
  • 焼 香 ・・・・・・・・・・・・司会者から氏名を呼ばれたら、祭壇前にて焼香を行います。
    親族に引き続き会葬者全員焼香します。
  • 僧侶退場 ・・・・・・・・・読経終了、合掌礼拝して僧侶を見送ります。
  • 葬儀委員長挨拶 ・・・喪主又は代行者が挨拶することもあります。
  • 閉式の言葉 ・・・・・・・司会者より、葬儀式閉式を宣します。

葬儀式の前に僧侶と司会者の方と式次第の確認をしておきましょう。
特に弔電拝読は宗旨・宗派や会葬者の人数等などにより僧侶退席後になる場合もあります。

出 棺(お別れ)

葬儀式終了後 式場内の椅子をかたずけます。
柩を祭壇前に移動し柩のふたを開きます。(すべて当社で致します)
この後、家族、ご親戚、ごく親しいご友人などの手により、柩にお花が入れられたり、最後のお別れが行われます。 そして、木棺の場合、釘打ちが行われますが、布張棺の場合は、釘打ちはできません。 また 最近の傾向として釘打ちはしないでほしいというご家族の希望も多いようです。

最後の対面

葬儀式が終わると、一般の会葬者は外に出て出棺を待ち、式場内では遺族と親族が故人との最後の対面をします。 札幌北葬が祭壇に飾ってあった供花を取って盆にのせてきますので、全員で、故人の周囲を飾ります。 このとき故人が愛用していたものを棺の中に入れてあげますが、金属やガラス製品(例:めがね・入れ歯・プラスチック類)は燃えにくいだけでなく、火葬したときに骨に付着することもあるため、どうしても持たせたいときには、遺骨と一緒にお墓に納めてあげましょう。

釘打ち

故人と関係の深い順に1人が2回ずつ打つのがしきたりです。死者が無事冥土に着くようにとの願いをこめ、「三途の川」の川原の石を意味するこぶし大の石を使って打ちます。 なお、キリスト教や仏教でも宗派によってはくぎ打ちを行わないことがあります。また釘打ちは風習によるものであり仏教の教えによるものではありません。

出棺

柩は足のほうを前にして運び出します。喪主が位牌を持って柩の後に続きます。 柩を霊柩車(霊柩バス)に乗せたら、親族は火葬場行きのバスに乗ります。遺族は式場を背にして、出棺見送りのため待機していた会葬者に向かって横に並んで、喪主があいさつをします。(葬儀委員長又は遺族代表がする場合もあります) あいさつが終わったら丁寧に一礼してバス又は霊柩車に乗ります。

  1. 火葬許可証を忘れずに持ちましょう。役員の方や運転手に渡しましょう。
  2. 火葬場で食べるお弁当やつまみ・お菓子類をバスに積みます。
  3. 霊柩車やバスの運転手に心づけを渡すのが一般的です。
    火葬場の担当者は特に必要のない場合が多いようです。

火 葬(火葬場にて)

札幌市の斎場(火葬場)

札幌市内にある斎場(火葬場)についてご案内します。

山口斎場

札幌市手稲区手稲山口308番地
電話:011-691-3636

里塚斎場

札幌市清田区里塚506番地
電話:011-883-1561

(里塚斎場は、平成19年4月1日~平成21年3月31日まで、改修のため休場します)

利用時間について
受付時間:9時30分~15時00分 
休業日:1月1日、友引の日

  • 札幌市では平成21年3月31日までは、改修工事のため山口斎場のみの営業となります。
  • 霊柩車が斎場に到着すると担当の係員がお出迎えしますので係員の指示に従います。
    葬儀役員付き添いの方は、火葬場受付に火葬許可証を提出し、控え室をご利用になる方は、指示を受けます。
  • 礼拝所でご焼香の後、柩は火葬炉まで運ばれます。
  • 拾骨までは約1時間半前後かかります。 控え室又はロビーにて 昼食、休憩をとります。
    札幌市の各斎場ではごみを出さない為に控え室に持ち込んだものはすべて持ち帰ることになっています。
  • 火葬が終了すると 呼び出し放送がありますので係員の指示に従い拾骨室に向かいます。
  • 拾骨は喪主から関係の深い順に全員が拾っていきます。
    拾う順番は地域や宗派などによって異なりますが、最後に 故人と最もつながりの深い人が喉仏を拾うというのが一般的な骨上げになります。その際故人の体が壷の中で立った姿になるようにします。ただし、骨の判別 がしにくいので火葬場の係員の指示に従って拾っていくことが一般的ですが、地域によって異なりますので、確認してください。
  • 受付時に提出した火葬許可証は火葬された日時が記載された埋葬許可証となります。
    埋葬時まで大切に保管しましょう。(お骨箱と一緒に包んでおきましょう)
  • お帰り口からバス乗車となります。
    札幌市各斎場では入り口とお帰り口が違いますのでご注意ください。

【札幌近郊の火葬場】
里塚斎場 札幌市清田区里塚506番地 ℡ 011(883)1561
山口斎場 札幌市手稲区手稲山口308番地 ℡ 011(691)3636
仁別火葬場 北広島市仁別405番地79 ℡ 011(376)3956
石狩斎場 石狩市親船町1番地42 ℡ 0133(62)3032
江別市葬斎場 江別市対雁100番地4 ℡ 011(382)2449
恵浄殿(恵庭) 恵庭市西島松248-1 ℡ 0126(36)5541
みどりケ丘葬苑(青山) 当別町字青山1987番地 ℡ 01332(7)2336
忌中引き法要(還骨法要)

火葬場から戻ったら・・・・・
  • 火葬場から斎場に戻った人は、入口に用意された塩と水で身体を清める
    (浄土真宗ではお清めはしません)
  • 喪主は札幌北葬担当社員に位牌、遺影、遺骨を渡す
  • 葬儀役員または役員代行者の責任者から香典、香典帳や会葬者名簿などを引き継ぐ
    1. 香典
    2. 香典、供物の控え帳
    3. 弔電・弔辞
    4. 会葬者名簿
    5. 弔問客の名刺
    6. 会計帳と残金

ご葬儀のフィナーレが忌中引き法要になります。 繰越法要、取り越し法要などとも呼ばれますが、初七日、三十五日、四十九日を合わせて、読経を行います。 その後、お世話になりました僧侶、葬儀委員長を初めとする葬儀役員の方々を招いてお膳の席に着いていただきます。

この席は葬家のお礼の席ですので、お世話になった方々へ感謝の意を込めてご挨拶を致します。

  • 時間になったら、法要会場に集まる (数珠を持参する)
  • 僧侶の読経を拝聴する
  • 僧侶の指示によって焼香する
  • 法要終了後、精進落しの案内をする
  • 僧侶に控え室にてお布施をお渡しする
  • 会食前に、喪主が御礼の挨拶を述べる
  • 会食中は喪主遺族が接待にあたる
  • 帰られる方に引出物をお渡しする
    (会食中に、引出物やお供物を配布することもあります)
  •               

葬儀委員長、司会進行、受付、会計、接待などのお世話役を町内会又は、勤務先に依頼するのが普通ですが、最近はお手伝いは葬儀社に依頼し、町内会や勤務先はご参拝だけしていただきたいという方が増えています。

取 越 法 要 の 喪 主 の 挨 拶 例

この度(故人、父とか母とかを言います)の葬儀にあたりましては、皆様方には御多忙のところを、多数のお参りを頂きましたその上に過分な御香料、御供物などを頂戴いたしまして、心から厚く御礼を申しあげます。
また葬儀委員長様初め役員の皆様には、昼夜をとわずお手伝いをいただき、おかげ様を持ちまして無事に供養を終わらせて頂く事が出米ました。 親族一同心から厚く御礼を申しあげます。
今後、故人に寄せられました御交情を、私どもにいただければ誠に有難く存じる次第でございます。

[会食の場合の挨拶例]

本席は、取り込み中のことでございまして、満足のいくようなおもてなしはできませんが、お時間の許す限り、ご歓談をいただければ幸と存じます。  この度は、本当にお世話になりました。 誠にありがとうございました。

[折詰めお持ち帰りの場合の挨拶例]

本末であれば、ご協力を賜わりました皆様に、ゆっくりとご歓談をいただくのが筋でありますが、ご多忙な皆様の貴重なお時間をいただくのも恐縮でございますので、ささやかな品をお持ち帰りにまとめました。 引き出物と共に、お持ち帰りいただきますようお願い致します。 本日は本当にありがとうございました。